Skip to content

名古屋は蛇口の水漏れが起こりやすい地域だった

毎日頻繁に利用する水まわりの設備は、利用する機会が多いためにトラブルが起こりやすい状態になっています。

蛇口が水漏れをした経験をしたことがある家庭は、決して少なくありません。トラブルが起こりやすいとは言っても数年間あたりに1回ぐらいですが、名古屋市では1年間あたりに、およそ250万件ぐらいもの住宅で蛇口が水漏れを引き起こしている状況です。1年で250万件というと、名古屋の全ての世帯のおよそ8割ぐらいを占めているので、かなり多くの住宅で蛇口が水漏れしていると言えます。

どうして名古屋で水漏れが多く引き起こされているのかというと、水道管を設置する方法に原因があるためです。名古屋は街が、すり鉢状の形になって広がっています。インフラ施設も同様に標高が低い場所にあるため、浄水場は水圧を強めないと標高が高い場所にある郊外に水を送ることが出来ません。一般的に、およそ5ヘクトパスカルの水圧で水を水道管に送っていますが名古屋の水道局は2倍に相当する10ヘクトパスカルで水を送っています。

それぞれの住宅がこの強い水圧を受けているために、水栓設備に負担が掛かって蛇口が水漏れを起こす訳です。トラブルが頻発して市民から改善するように要求され、水道の水圧を抑えてポンプを要所要所に設置して、水流が衰えないようにする簡易的な設備を設置することが市長による定例会見で明らかになりました。色々な所で起こっていたトラブルは、徐々に改善されていくことが予測されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *