映像制作のスペシャリストになろう

subpage01

映像制作の世界には、さまざまな仕事があってそれぞれにスペシャリストと呼ばれる人たちが関わっています。

パッと思いつくものでも、デジタル合成をメインにしている人、モーショングラフィックスを得意にしている人、特殊効果の作成を主にしている人など、いろいろなことをしている映像制作のプロが出てきます。仕事が複雑な分、その一つ一つの仕事に「それだけを極めたプロフェッショナル」が存在しているのです。



映像制作の世界に飛び込もうと思っているなら、こうした現場の現実は知っておく必要があります。何でもこなせるというのも武器には違いありませんが、一つのことだけを他人に負けないレベルでできるというのも立派な武器となるのです。

東京新聞の口コミ情報をまとめました。

近年はこうしたスペシャリストの方が、就職はしやすいとも言われています。
一つのことを極める方が、プロとして食べていくまでの時間は短縮できます。
それだけを必死で頑張っているなら、技術の習得スピードも早くなりますし、他人が知らないこともどんどん吸収していけます。
何か一つのソフトとずっと付き合っていくというのは賢い方法になることでしょう。


専門学校でも、近年は細かくコース分けが行われてスペシャリストの育成に励むようになっています。

自分がやりたいと思う仕事を見つけたら、その世界で最もメジャーなソフトがあるはずなので、それを教えてくれる専門学校に入学するのがいいです。

プロ仕様のソフトは高価なので、専門学校に入らないと触ることすらできません。